Q 『お礼参り』の時の持ち物は何ですか?

   安産祈願のお礼参りの場合は、安産祈願の御祈祷をお受けになった際の御神札・御守り・腹帯をお持ち下さい。お焚き上げをいたします。
    腹帯は印の部分のみを切り取ってお持ちいただき、残りの部分は自由に使っていただいても構いません。また、他の神社でお受けになった御守り等も
    ありましたらお預かりいたしますので、社務所にお持ち下さい。


  Q ご祈祷時間は決まっていますか?

  
 午前9時00分から午後4時30分までの間で随時行っております。


  Q ご祈祷の予約は必要ですか?

   ご祈祷の御神札にお名前を記入致しますので、事前にお知らせ頂くことをお勧め致します。
     但し、当日のお申し込みも可能です。安産祈願は当日申し込みのみとなります。
     尚、予約時間が前後するなどは構いません。来社日時の目安をお知らせください。


   ご祈祷料は おいくらですか?

   ご祈祷料は5000円より 又は10000円より お志で承っております。
    10000円以上お納めの方は御神楽を御奉納いたします。詳しくはこちらをご覧ください


   お神楽奉納とは何ですか?

   ご神前で神主が願主(祈願を申し込んだ方)の代わりに神楽舞をご奉納いたします。


   本人の代わりにご祈祷を受けたいのですが、可能ですか?

   可能です。
    但し、出来る限りご本人様が受けられることをお勧め致します。
    もし代理の方が受けられる場合は、願主の住所・氏名を控えて御来社ください。


   参拝は 何時からできますか?

  A お参りは1日中いつでもできます。
    但し、社務所は午前8時より午後5時まで開いております。


   厄年はいつですか?

   厄年表を参照下さい。 厄年表へのリンクはこちら


   初宮詣(お宮参り)は生まれてからいつ頃すれば良いですか?

   男の子31日目以降 女の子33日目以降にお参りください。
    また「お喰い初め」をされる100日目頃までの間のご都合の良い日にご参拝されるとよいでしょう。


   身内が亡くなったのですが、 参拝はいつから可能ですか?

   下記に示す期間は参拝及び境内への立ち入りをご遠慮いただいております
    参拝する方と亡くなられた方との関係により期間が異なります。詳しくはこちらをご覧ください

    ・父母、夫、妻、子                  50日
    ・祖父母、孫、兄弟姉妹               30日
    ・曽祖父母、曾孫、甥、姪、伯叔父母       10日
    ・その他親族                     13日
    ・特に親しい友人知己                 2日程度


   古札納所はありますか?             

   特別に場所を設けてはいませんので、直接、社務所の神職・職員へ渡して下さい。お預かりして、お焚き上げ致します。
    (1年お守り頂いた、お神札・お守りなどをお預かり致します)社務所の開いております9時00分〜17時00分の間にお持ち下さい。


   お守り、お札等は送ってもらえますか?

   お送り致します。詳しくはこちらをご参照ください。


   車椅子等でも参拝できますか?

   神社境内には階段がございますが、出来る限りのお手伝いはさせていただきます。
    神職・職員にお申し出ください。


   駐車場はありますか?

   駐車スペースが少ないため、出来る限り公共交通機関をご利用いただくか、乗り合わせの上、ご参拝願います。
    尚、駐車スペースは大変狭いため十分ご注意上、近隣の迷惑にならないようお停め頂きますことを願い致します。
    又、近隣に一般のコインパーキングもございます。

 

  安産祈願の御祈祷に関する

  Q ご祈祷の予約は必要ですか?

   予約は、不要です。
  Q 妊婦の代わりに安産祈願の御祈祷をうけたいのですが可能ですか?

   はい。
    但し、出来る限り妊婦様ご本人が受けられることをお勧め致します。
    もし、代理の方がうけられる場合は妊婦ご本人様のご了承の上、住所・氏名を控えて御来社ください。

  Q 戌の日はいつですか?

  A 別表を参照下さい。別表はこちら
  Q お腹帯を持参をすることは可能ですか?

   はい。
    但し、肌に近いものですので、神前に上げるのは新品の腹帯に限り、ご神前にてお祓い致しますが
    ご持参のお腹帯には印などを押したりすることは出来ません。